ガーデン

自分がイメージする庭を造る際に砂利を使う|自由自在に庭に変化を

大切な作業方法

木

綺麗な森林や、森などのイメージは適度に木々の間に隙間があり光が差し込んでいるイメージがあるでしょう。こういった場所は、実は自然に作る事は不可能なので人間が人工的に作り上げている空間なのです。そういってしまうと、あまり良いイメージを持つことはできませんが、人工的に木々の調整をすることが森林を守る事にも繋がっているのです。こういった方法を間伐と言い、木々の成長を促す方法の一つといえます。間伐は、木々が密集し過ぎた場所の木を切って、適切な量に保つ意味と資材として利用できる大きさに育った木の収穫の意味があります。

間伐方法には種類があり、木々の成長具合で切り倒す木々を決めていきます。同じ種類の木々の中に異なる種類の木が混入している場合は、木々の病気感染などを防ぐためにも切り倒していきます。同じ種類の木々の場合は、全体的に見て一番成長がいちじるしい物を残していきます。その他にも、太陽の光をしっかり受けることができる育ち方をしているかどうかも判断のポイントになります。太陽の光をうまく受ける事ができない木は、細く腐りやすい傾向にあるので、傷んでしまう前に間伐作業で除去されていくのです。その他にも大きく成長し過ぎて、他の木の成長や太陽の光を妨げている木も対象になるので、実際に見て判断しなければ分からないのが現状でしょう。最近では、間伐作業での事故を減らす対策として、間伐対象になった木々の皮をむき切らずに腐らせて倒す方法も使用されるようになりました。