ガーデン

自分がイメージする庭を造る際に砂利を使う|自由自在に庭に変化を

時期と方法で異なるメリット

剪定

形を整える事が主な目的と思われがちの剪定ですが、形を整える目的以外にも大きな目的が幾つかあるのを知っているでしょうか。その中の一つとして、株への負担を軽減させることも目的の一つです。木の成長段階で株の大きさは決まってきますが、たまに枝や葉っぱが増えすぎて株に大きな負担をかけている場合があります。そうなると、株は幹を支える事ができなくなってしまい、傷んだり倒れたりしてしまう可能性が出てきます。そういったことを避けるためにも、枝や葉っぱの量を人工的に調整して株への負担を減らしているのです。その次に目的とされているのが新しい芽や枝を育てる事で、古い枝葉を切ることで新しい物を生えてくるように成長を促しているのです。その他にも、花や果実を大きくするのも目的とされています。余分な物を除去する事で、花や果実に充分に栄養がいくように調整しているのでしょう。このように、剪定を定期的に行なうことで木々の成長を助けることに繋がっているのです。剪定をすることで、木々の成長を助ける事もできますが、病気や害虫の対策にも繋がるので沢山のメリットを得ることができると言えます。定期的に行なう剪定にも種類があり、冬や春に行なう成長を促す基本剪定と夏か秋頃に行なう軽剪定があります。軽剪定は、害虫の発生を予防しながら綺麗な形を整えるのが目的なので、基本剪定よりも少し多い回数で行なわれることがあります。剪定にも、幾つかの種類とメリットがあるので、木々の成長で悩んでいる人は、専門の人に相談してみるといいでしょう。